初心者の方へ

大会に出場するにあたってぜひ知っておいてもらいたいこと

◆トライアスロンの競技特性

トライアスロンは、自然環境下でスイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(ランニング)を特設コースで連続して行います。レースを完走するための第一歩は、それぞれの特性と危険要因を知り十分に準備をして大会に臨む必要があります。

これだけは覚えよう!ルールの確認

・競技中、競技外を問わずバイクに乗車の際にはヘルメットを着用しましょう!(ストラップまで締める)

・バイク競技中は前の走者との間隔をバイク3台分は開けましょう。また、横に並んでの併走も禁止です。

・トランジットエリア内では、バイクに乗ることはできません。また、ラックからバイクを外している状態では、ヘルメットを着用しストラップまで締めましょう。

コース攻略ポイント -スイム編

スタートは全部で9Wave、特に第5Waveと第6Waveの間隔があいているので自分のスタート時間をしっかり把握しウォーミングアップしましょう
ブイ周りの混雑が予想されます。バトルを避けたい方は、外回りをオススメします。
スタート直後は慌てず、2 周目に向けて徐々に上げていきましょう。

コース攻略ポイント -バイク編

キープレフトを順守し、追い抜くときは右側から『右行きます!』などと声をかけて、相手に近くに人がいることを認知させましょう。追突防止にもなります。
コースの一部に路面が荒い部分や、砂利があるのでパンクに注意しながら走行しましょう。

コース攻略ポイント -ラン編

ランのエイドステーションは4箇所です。水分補給はこまめに取りましょう!
一部道幅が狭い部分がありますので、他の選手との接触に注意しましょう!キープライトが基本です。
最後はビーチラン!笑顔でのフィニッシュをお待ちしています!
PAGE
TOP